道往寺で人形供養会を開催いたしました

2015.08.16

道往寺のお手伝いスタッフの安田です。

思い出のお人形やぬいぐるみなのを、心を込めて供養する人形供養会。
今回、受け付けさせていただいたお人形は約3000体にも及びました。

当日は30名近くの方が法要に参加され、大切にされてきたお人形を道往寺の柏昌宏住職と一緒に供養しました。

まずは柏住職からのご挨拶と、人形供養についてのご説明がありました。
「人形供養は、江戸時代に子どもをなかなか授からなかった女性が人形を求めて、その人形を神社やお寺で子どもを授かるようご祈願し、その後子どもを授かったお礼に神社やお寺でお礼のご供養されたのが始まりとされています。人形には魂が宿ると言われているので、皆さんで感謝の気持ちを込めてご供養しましょう。」

その後、柏住職が読経をされている間に、参加者の皆さんは順番にお焼香をしていき、ご住職と皆さんで一緒にお経を唱え、お人形にお別れを告げました。

法要後も名残惜しそうにお人形を写真に撮られる方がいらっしゃったりと、思いでのお人形との最後の時間を大切に過ごされていました。
最後までこれほど大切に扱われたお人形は、きっと幸せだろうなと感じました。

また今後も開催する予定ですので、今回お人形を持ち込めなかった方は次回ぜひお持ちください。

道往寺で写経会を開催いたしました

2015.08.16

道往寺のお手伝いスタッフの安田です。
今回は特別にスタッフの私も、参加者の方と一緒に写経を初体験させていただきました。

まずは塗香と足香というお清めをして会場となる道往寺の本堂に入ります。
席に着き、住職からの挨拶と説明の後、早速写経をスタート。
皆さん集中して筆を動かしておられ、私も時を忘れて没頭してしまいました。

写経が終わった後は住職から、写経に使われた般若心経の意味を解説していただきました。
途中、住職がご家族と伊勢神宮に行かれたお話などもあり、和やかな雰囲気でした。

その後、皆さんで一緒にお経を唱えながら、おひとりずつ納経を行いました。
最後は参加者の皆さんでお茶を飲みながら語り合い、終了となりました。

参加者の方からは、月に一度でもこういう心が清められる機会が得られてありがたいと、
うれしいお言葉をいただきました。
私も慌ただしい毎日の中で乱れている心を整えられて、清々しい気持ちになれました。
写経のような集中できる時間は、慌ただしい現代にこそ必要な時間なのかもしれませんね。

次回の道往寺での写経会は、9/13(日)を予定しております。
ご都合の合う方は、お気軽にご参加くださいね。

道往寺駐車場の脇に小さな庭苑ができました。

2015.08.13

道往寺駐車場の脇に小さな庭苑が誕生しました。

石原和幸デザイン研究所に手がけていただきました。

とても涼やかなデザインです。

道往寺お立ち寄りの際は、ぜひご覧になってください。

港区高輪の道往寺の庭苑

道往寺・高輪庭苑の南区の植栽工事が完了しました。

2015.08.01

工事中は皆様にご迷惑をおかけいたしましたが、高輪庭苑南区の植栽工事が完了しました。

またごゆっくりとお参りください。

都心の樹木葬「高輪庭苑」でリニューアルされた植栽工事

道往寺のホームページを公開いたしました。

2015.02.27

本日、道往寺の新しいホームページを公開いたしました。